学生ブログ

授業紹介2021.06.11

文化学演習II(水野僚子先生)

文化学演習Ⅱ 

     担当教員:水野僚子先生 

     受講可能期間:3・4年生 通年講義 

                         

【表象文化論―ジェンダー・クラス・レイスの視点から】 

 

この講義では、三年生と四年生で一緒にゼミを行います。講義の内容としては、柔軟にテーマや論文を取り上げて、ジェンダー・クラス・レイスの観点からディスカッションをしたり、卒業論文に向けて発表をしたりしています。ディスカッションテーマの例としては、先生のご専門である日本美術はもちろん、CMからアイヌ文化、琉球文化、先生おすすめの展覧会、社会現象、吉祥イメージの論文など、とても幅広いです。知らなかったことを知ることは時に痛みを伴うことではありますが、先生やゼミの仲間と共にディスカッションする時間はとても勉強になります。卒業論文の発表では、三年生・四年生が遠慮せずに、質問や改善点を話しあいます。和気あいあいとした雰囲気で進むため、あまり緊張せず発表することができます。私も発表をしましたが、発表をすることで卒業論文の課題が明確になりました。卒業論文のテーマもゼミ生ごとにそれぞれ違うので、そんな視点もあったのかと驚かされることもあります。しかし、それがとても刺激になるのです。

最新ブログ