学生ブログ

授業紹介2021.06.11

視覚芸術論I(神野祐太先生)

科目タイトル: 視覚芸術論I

教員: 神野祐太先生(非常勤講師)

受講可能時期: 2 年次以降

科目の内容: 仏像の歴史や観察方法などを学べる。



◎講義の概要 

・この授業は全国にある仏像を取り上げ、画像とレジュメ、動画を基に歴史や観察する際のポイントなど学ぶことができる。仏像は全て同じという訳でなく、 体にそれぞれの魅力があることを知ることができ、実際に見に行った際にもぜひ実践したと思えるような観察方法を紹介してくれる。  


◎この科目らしい特徴

 ・次第に仏像に愛着が湧いてくる。個人的にはそれぞれの表情や手のポーズを見るのが好き。「仏像」を主なテーマとして取り上げている授業はなかなかないと思うので レア感がある。  


◎教員の個性が現れる部分 

・オンデマンド方式なので、先生のことは動画での声でしか知る機会がない。しかし、 顔出しなしにもかかわらず、仏像や大仏の説明をしている際の声が楽しそうである。 授業を受けているこちら側にも先生のこれらに対する愛を感じることができ、興味深 い。  


◎文化学科らしさが出ている部分

 ・ただ仏像などを紹介するだけでなく、いつの時代に造られたものか、その背景や歴史を知ることができる点。 毎回豊富な画像実際に見に行きにくい今だから、 画像によって視覚的にも学ぶことができる


◎どのように受講しているか)

・レジュメを印刷し、手元に置きながら動画を視聴し、メモを取る。 


◎こんな人におすすめ
・仏像や大仏に興味がある
・歴史やモノづくりに興味がある などなど... 仏像に興味がない人にもぜひ受講してほしい!! →授業を受けているうちにどんどん仏像の魅力に気づく、魅了されていくこと間違い なし!実際、私も「仏像はみんな一緒」だと思っていたけど、そんなことはなく、個性の 塊、魅力的であり、神秘的造形物だと気づくことができた。 

イラストを入れることで見返した時に理解しやすい!


最新ブログ