学生ブログ

その他2022.01.12

(2)推薦入試対策でやっていたこと(志望理由編)

画像で使用した参考書

・志望理由書・自己PR文完成ノート キャリア設計・合格に向けての実践編

発行者:松本洋介 発行所:第一学習社 2009年6月30日初版発行、2018年2月20日改訂10版発行

・志望理由書・自己PR文完成ノート キャリア設計・合格に向けての実践編(付録)

発行者:松本洋介 発行所:第一学習社 2009年6月30日初版発行、2018年2月20日改訂10版発行

 


 文化学科3年生のSです。私が文化学科に入学する際に、推薦入試対策でやっていたことをみなさんに紹介したいと思います。推薦入試を考えている受験生のみなさんに、少しでもお役に立てたら幸いです。前回は、面接について書きましたが、今回は志望理由です。


 推薦入試を行う上で志望理由は必須になります。私自身、頭の中で考えていること、思っていることを言語化するという作業に苦手意識があったので志望理由を書く時はとても苦労しました。そこで対策として行っていたのは2つあります。

 1つ目は「なぜ自分がこの学校・学科を志望したのか」「この学校に入学して何をしたいか」などいくつか項目を設けて、ポイントとなるワードを図面に書き起こしていました。頭の中で思っていることをいきなり文章にするとなると難しいと感じますが、図面に書き起こすことで文章を構築するのがやり易くなります。また1人で思っていることを書き起こすのが難しいと感じる場合は、先生や友人に手伝って貰ったり、画像にあるような参考書を使ったりするのもおすすめです!!

 2つ目は学校の先生に添削をお願いすることです。文章を書く上で「違和感を感じるけど、どのように直せばいいのかわからない…。」など思い悩むことがあると思います。そこで私は学校の先生にほぼ毎日添削をお願いし、志望理由のブラッシュアップを図っていました。(文章の添削なので国語科の先生に依頼することが多かったです。)添削を依頼する際はお忙しい中お願いする形になるので、言葉遣いや予定をすっぽかすことがないなどマナーを守ることは勿論のこと、意欲的な姿勢をアピールするようにした方がいいと思います。


 また推薦入試の際に小論文が課されるのですが、自分自身の志望理由さえ明確になっていれば、対応しやすいので、とにかく志望理由は納得出来るものを仕上げておくようにしましょう!!


 

*この記事の内容はあくまでも本学生の意見です。

 

最新ブログ