外国語学修/海外研修

ボルドー大学留学

概要

学年

2~4年生(大学院生も可)


要件

①学部留学にはCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)でB2、大学院への留学にはC1のレベルが必要です。

②B2レベルに達していなくても、A2レベルのある学生は、DEFLEという、非フランス語母語者用のフランス語・文化専門コースで学ぶことができます。

③その他、学内選考のためのGPAの要件があります。詳しくは、文化学科の教員や、国際交流課に聞いてください。

④日本女子大学内で毎年2名行くことができます。


ポイント

①2015年に協定が結ばれて以来、文化学科からはほぼ毎年1名以上がDEFLEコースに留学しています。

②ボルドー・モンテーニュ大学は、フランスの中で2番目に規模の大きい日本研究科があることから、現地では日本について学ぶフランス人との交流の機会が多く、街も安全で綺麗なため、学生の学修・生活に関する満足度は非常に高いです。

③DEFLEコース留学中には、フランス語を学ぶだけでなく、バレエをたくさん観劇したり、ボルドーの街並みについて調査を行ったりして、学生一人一人自分の関心に応じて文化研究を行い、その成果を卒業研究に生かしています。

④ボルドー・モンテーニュ大学ではDEFLEの学生もフランス人学生と共にスポーツの授業を受けることができます。バレエの研究に関心のあった学生は、クラシック・バレエの授業に参加していました(年により内容が変わることもあるようです)。

⑤留学に必要なフランス語のレベルの証明が必要です。9月の学内選考に間に合うように、仏検のほか、フランス国民教育省の主催するTCFというフランス語能力テストを必ず受けてください。

⑥ほぼ毎年ボルドー・モンテーニュ大学から交換留学で本学に学生が来ています。積極的に交流しましょう!

⑦留学した学生のブログを是非ご覧ください!


水の鏡 Miroir d’eau 文化学科印牧さん撮影(2019年)ぶどう畑とガロンヌ川 高井撮影(2013年)